不器用人の地球適応記

不器用人の地球適応記

不器用人、地球適応の訓練課程を綴ります

三島由紀夫『青の時代』

f:id:b_bukimi:20181009075111p:plain

 

 

 友から薦められた同著『潮騒』とともに図書館で借りました。

「青」という文字面に惹かれたためです。

 

潮騒』、三島由紀夫作品を初めて読んだ際は(無知も甚だしいことお目こぼしください)旧仮名づかいじゃね~まず読めるわ、話が理解できる(笑)などとぬかしたものですが、

『青の時代』序章で心が折れかけました。抽象的・観念的な言葉の怒涛。

やっぱ難しいじゃん...!(涙) 文字面は目に頭に入ってくるけれど。噛み砕けない。うわ~これが三島ワールドか~と、

潮騒』を読んだ際これは相当読みやすい方なのだろうな~と感じてはいましたが、、、ぐきっ

枯れかけた気力を何とか起こし、読み進めることに...

 

ーーー 

さて読中薄々感じていたのは、主人公の世界の捉え方と自分のそれが似ているということ。

あくまで自分は第三者的(もしくは軽蔑的)に物事を見、判断していると自惚れている点です。

その第三者的視線を自分にも向けさせるものですから、当然それは強い自省癖へと繋がる訳です。

その自省癖は行動を起こすにも根拠を課します。根拠とは理です。

合理的な性格とは言いますが、その理は「自分が定めて自分が得心がいく」主観的理由にすぎません。決して真理ではないのです。

 

その様子は傍から見れば、痛い中二病そのものでしょう。

 

著者は作品内において「自分で疑う範囲を限定していおいて、それだけを疑う」主人公を書くとあります。主人公は「真理や大学の権威」は信じ、忽ち行動を起こす「卑俗さ」がある。ひどく心配症である半面間抜けな楽天家でもあり、「合理」の名の下、自身の青写真に踊らされるのです。

そうした主人公を著者はシニカルに捉えているのですから、まるで自分も蔑まれているようで。何とも言えなさを通り越し、最早笑えるほどでありました。

...主人公のように優秀な人ではないから余計滑稽ですけれど、

 

ーーー

読後、教訓とまで言わずとも、まるで建築でもしているような無駄のない構成を築く著者がこの作品において何を伝えたいか、何を表現したいのかが掴み損ねていました。

主人公の気質・性格が悲劇を招いた、ということなんだろうけども果たしてそれだけ?じゃないんだろうけれど、プールの底に落ちている破片が目に入るけれどもぼやけて掴めないような、よく練られた話の散らばるピースを十分に拾いきれないもどかしさを常に感じながら読んでいました。咀嚼の力が弱いことなんだけれども。

 

巻末、西尾幹二氏による解説によれば、本作は「個人の人間性のタイプの追究」と「戦後という時代への関わり方」という作品の主題、どちらを描くにも中途半端であったと述べられています。

著者自身も矛盾に気づき「失敗した」と反省する作品であったようです。

 

今から思えば読んでいる中、違和感を抱くこともありました。

主人公が戦後の荒廃した街を眺めながら「生きなければならぬ」と反芻するシーンがあります。

たった3ページで区切られる章において「一種ヒステリックな感動が生れた」と書かれるように、これまでに描かれた主人公らしからぬ思いであり、この感動がこれ以降の物語にも深く関わってくるのだろうということが印象付けられる場面です。

 

私にはジブリ映画『風立ちぬ』のキャッチコピーが想起されました。どちらも戦後を生かんとする人々の強かな思いです。

しかし作品の前半部ではこれでもかと主人公の歪な内面が語られますが、それは時代と距離を置いたところで語られるものです。

実際、戦中の情景は描かれることなく、主人公の内面に焦点を当てたまま突然に6年もの月日が流れ作品は進行していきます。

記憶が正しければ、物語後半1度だけ主人公の「生きなければならぬ」という思いに対応するシーンが出てきますが、どこか「時代」や「生」を感じさせることが本作の主人公に不釣り合いな気がして、違和感がありました。

そうした違和感は西尾氏の解説によって少し解消されたように思います。

 

さて一通り読み終わり、冒頭の序章をもう一度読んでみます。

すると読む前はあれほど理解できなかったものが、今では解るような気が。(気が、というのがポイント。)

痛いところが突かれた作品だったと反省し、またその自省癖に辟易。

かの三島由紀夫にも上手くいかなかったことがあるもんだ、と人の不完全性にどこか安堵もし。

 

 

-お初に御目文字-

【須臾にして】(しゅゆにして)...しばらく。少しの間。

【慫慂】(しゅうよう)...そうするように誘い仕向けること。

【阿る】(おもねる)...こびへつらう。ごますり。

 

 

___

三島由紀夫『青の時代』新潮文庫

昭和46年 7月23日 発行

平成23年 8月 5日 70刷改版

 

 

【#1】初めてさんかく

あれは何年前だったか。4年前か?5?

上京してきた友人に東京案内しがてら東京駅を訪れた時のことです。案内とは申したものの、東京駅を訪れることなど日頃あまりありませんので、案内役ともども物見遊山に興じていました。

当時は東京駅の改装が終わって間もなくだったと思います。新調された駅舎、また周囲の街並みなど、見物してはしきれないだけの目新しさがありました。

駅自身もターミナルとしての役割だけでなく、商業・観光エリアとしての機能が強化されましたから、構内だけでもありとあらゆる土産物屋に、ユニークな雑貨、ファッションアイテムまで様々な店舗が並べられ、それはそれは見ごたえがありました。

 

そこも構内だったけれどショップもまばらな、改札にほど近い雑踏の中でした。駅の小さな空きスペースに構えられたセレクトショップでの出会い。

あるイヤリングに一目ぼれしました。

イヤリングに付属された金のハリガネは綺麗な正三角形をなし、1辺に赤の透いたビーズが通されています。ビーズは1辺の端から端へ、そしてその三角は持ち主の動作に従って微かに揺れ煌めくのです。

ピアス穴を開けていない私にとってノンホールピアス(樹脂イヤリング)は、一見ピアスに見える憧れのアクセサリーでした。

また丁度その頃、級友が揺れるパーツをともなったイヤリングをしていて、それが随分大人びて見えていたものですから、短絡的に"揺れる"イヤリングにも羨望を抱いていました。

まさにその"さんかくイヤリング"は当時の憧れをひとつに備えた、至高のイヤリングだったのです。

 

f:id:b_bukimi:20180921090113p:plain

 

しかしそのときの自分には、アクセサリーをほいほいと買えるだけの余裕、あるいは勇気がありませんでした。とは言っても、たかだか千円ほどの安い買い物だったんですけれどね、それでも何だか踏ん切りがつきませんでした。後ろ髪を引かれつつ購入は断念したのです。

時は流れゆども、しばしばあの時買えなかったイヤリングのことを思い出し。やっぱり買っとけばよかったのかなあと、

 

ここまで往生際悪く申しておきながら、私は後悔をしないのが主義信条であると思っています(笑) そのとき自分が選んだ決断は、そのときの自分にとってそれ以外に選択しようのないもの=ベストだったに違いありません。何より過去の自分を責めたくはありませんからね、

とはいえ惜しい気持ちはずるずると這いまわったままですから、この際自分で作れはしないだろうかという思い至りました。(買わずして何とか原価で用意したろと忽ち考えるのがケチ根性そのもの、笑)

 

f:id:b_bukimi:20180925133048p:plain

 

さてパーツを揃えるのに、切り詰めようと思えば幾らでもできるのしょう。が、今回は初めて自作をするということで、手軽に、品質が保たれたパーツを入手することができる専門店を利用することにしました。

専門店とは「貴和製作所」様です。アクセサリー制作に勤しむ方々の間では知れたものと存じます。

 

憧れのイヤリングを再現するにあたって、必要とするパーツを大まかに考えてみますと

 ・ノンホールピアス / 樹脂イヤリング

 ・正三角形状のハリガネパーツ

 ・赤ビーズ

 ・イヤリングと三角を繋ぐ部品(丸カン)

浅はかな頭においても、最低限これらが必要になることは想像ができました。

 

実際に店頭を覗いてみます。

まずは基礎のノンホールピアス部品。こちらはすぐ見つかり、透明樹脂のものとゴールドの金属のもの2種を試しに購入してみました。(余談ですが、金属のものは残念ながら私の貧乏耳のために、装着が緩く不安なため断念しました、涙)

次に主役である三角パーツ。ところがこれが、私の想像にある三角に見合うものが見つからなかったのです。金属パーツとして正三角のものはありましたが、各辺が太くとてもビーズが通りそうもありません。一応お店の方にも理想を語りましたが、難しいとのこと。ここに私の理想はあえなく散ってゆきました。

が、ここまできて手ぶらで帰途に就くのも淋しいので、どうにかニュアンスの似たものが作れないかとプランBを決行することにしました。

 

f:id:b_bukimi:20180921090048p:plain

 

早い話ですが、完成形は上の画像の通りになりました。

三角パーツに赤ビーズを通すことは叶わなかったので、苦し紛れにピンに通し、三角パーツと独立して揺らすことにしました。

デザインに関してはDo Not Touchです。場当たりです...

 

 

 ~最終的な使用パーツ (購入店の品名で記載しています)~

  ・ノンホールピアス 樹脂カン付

  ・ヒキモノリング スパークルトライアングル

  ・チェコビーズ ラウンド 4mm

  ・丸カン 0.5×3.5mm

  ・Tピン 0.5×35mm

 

 

アクセサリー制作の基礎のキも学ばず、猪突猛進で作り始めましたから、それはもう持ち前の不器用さを存分に発揮した手並みでした。

まず工具自体を把握していませんでしたので、はじめはピンセットで固定しながら大型のペンチでmmの格闘をするなど馬鹿な真似をしておりました。(その点については学習し、細やかな作業のできるラジオペンチを戸棚の奥から引っ張り出してきました。大型ペンチはまだしも、ピンセットは「掴む・固定する」という点が非常に厳しい...)

やっとの思いでカンの開閉や、Tピンの先端の開閉が上手くいったと思ったら、実際に耳につけてみるとパーツが裏返ってしまったり横向いてしまったりで何度も泣きを見ました。

完成を正確にイメージしながら、微調整することの難しさたるや...そこは、もう、トライアンドエラーばかりです。試行回数を重ねるだけの根性ばかりしかありませんから...

 

しかし片耳分を作って満足したまま早数カ月にもなり、細かいやり方や数値をもはや忘れてしまった今日この頃...早いところ、もう片耳分も作って相方を引き合わせてあげないと、

 

出来上がりの想像の難しさを述べましたが、最後に一点。

作っておいてなんですが、私、イヤリング似合いませんでした(ガッカリ)